【鉄骨を解体する時の坪単価】高くなる要件を把握する

投稿日:

更新日:

【鉄骨を解体する時の坪単価】高くなる要件を把握する

鉄骨とは、建物の骨組みに欠かせない材質で、耐久性において優れた建築物と言えます。また、鉄骨があることによって、自由な設計が可能となっています。
しかし、建物の取り壊しをしなければいけないときに、解体作業に時間がかかってしまうのが、鉄骨部分です。また、解体となると費用も高くなってしまいます。そこで、本記事では、鉄骨の解体にかかる費用についてを解説していきます。


鉄骨の解体にかかる費用の坪単価

鉄骨の解体工事は、基本的に坪単価で変わってきます。そのため、坪単価を基準にして、費用を計算するのが良いでしょう。

坪数別の解体相場

坪数で基準になる坪単価がこちらになります。しかし、解体対象となる建物自体に、アスベストが含まれている場合は、アスベスト除去等の作業により、費用が高くなります。その他にも、重機等が通れないような場所にある建物の解体なども、費用が高くなる対象です。こちらは、あくまでも坪単価の相場になるので、確認程度の参考にしておきましょう。
10坪未満 43,000円(坪単価)
10坪以上 27,000円(坪単価)
20坪以上 29,000円(坪単価)
30坪以上 34,000円(坪単価)
40坪以上 32,000円(坪単価)
50坪以上 38,000円(坪単価)
60坪以上 30,000円(坪単価)
70坪以上 40,000円(坪単価)

鉄骨の種類

鉄骨には2つの種類があります。厚さ6mm未満の鋼材を使った構造は「軽量鉄骨造」、6mm以上の鋼材を使った構造は「重量鉄骨構造」と言われています。一般的な鉄骨造になると、「重量鉄骨構造」という意味を示すことが多いようです。

軽量鉄骨造の特徴

軽量鉄骨造は、軽く鉄となっており、製造コストが安いといったことが特徴です、そのため、軽量鉄骨造で作られた住宅などは、他の建築物のコストを抑えることで、安く販売することも可能となります。しかし、その分、他の鉄骨に比べると耐久性、耐震性、耐火性、防音性で劣ってしまうといった欠点もあります。

重量鉄骨造の特徴

重量鉄骨造は、頑丈な点において優れています。太い柱と梁などを組み合わせて建物を作る「重量鉄骨ラーメン構造」が用いられることが多いです。耐久性、耐震性、耐火性、防音性において優れており、大きな建物を建てるときに使わています。

重量鉄骨造と軽量鉄骨造の解体費用

重量鉄骨造と軽量鉄骨造のぞれぞれの解体費用を見ていきましょう。

重量鉄骨造の解体費用の相場

基本的に、重量鉄骨造の解体費用の相場は1坪あたり、45,000円と言われています。しかし、坪数が大きくなれば、単価が下がってくる傾向にあります。
鉄骨造17坪 解体相場:80万円程度
鉄骨造32坪 解体相場:150万円程度
鉄骨造43坪 解体相場:200万円程度
鉄骨造54坪 解体相場:250万円程度
鉄骨造68坪 解体相場:300万円程度

軽量鉄骨造の解体費用の相場

軽量鉄骨造の解体費用の相場は1坪あたり、34,000円と言われています。建物の大きさなどによっては、こちらの相場から高くなってしまうこともあります。
軽量鉄骨造25坪 解体相場:85万円程度
軽量鉄骨造35坪 解体相場:120万円程度
軽量鉄骨造37坪 解体相場:130万円程度
軽量鉄骨造40坪 解体相場:140万円程度
軽量鉄骨造79坪 解体相場:270万円程度

鉄骨解体の坪単価を引き上げる要件

鉄骨解体の坪単価は、ある程度決まってはいても、建物の状況や、さまざまな条件によっては、費用が高くなってしまうことがあります。では、どのような条件や状況が該当するのか、確認してみましょう。

アスベストの建物の解体費用

建物の中に、アスベストが使われている場合は、費用が高くなります。その理由としては、アスベストは人体に危険な影響を与えてしまう可能性があるためです。 その分、アスベスト除去は、被害のないように、慎重に行われます。アスベスト除去の費用は、一般的には坪あたり5万円〜28万円程度と言われています。また、自治体などによっては、アスベスト除去についての対策を行っている可能性もあるので、一度問い合わせを行ってみても良いでしょう。

工事車両の駐車スペースの有無

工事車両の駐車スペースがないような建物は、解体作業費が高くなります。解体するためには、運搬用のトラックや重機などを準備する必要があるためです。 駐車スペースがない場合は、建物近辺の駐車スペースを確保することになります。また、目の前の道路が、重機などが通ることができないほど狭い場合も要注意です。 解体をスムーズに行うには、重機を使うほうが、早くて便利なのですが、道が狭く、重機を持ってこれないと、最終的には、人の手によって、解体工事を行うことになります。当然ながら、人員の確保も必要になるので、費用も高くなってしまいます。

近隣との距離が近い

解体工事が行われる前に、確認が必要なことは、近隣住宅との距離です。解体工事を行うということは、解体した破片やゴミ、ホコリなどが発生してしまいます。また、解体工事は、音も大きく、迷惑がかかりやすいので、防音対策も行われます。そのため、解体工事を行う前に、養生を設置することが重要になります。このような、養生設置は費用が割増となり、高くなってしまう傾向にあります。

家屋以外の廃棄物

廃棄物は、解体業者がリサイクル法に基づいて、処分を行ってくれます。廃棄物の量が、多すぎる場合も費用が高くなってしまう原因になります。また、家屋以外の廃棄の処分を、依頼しなければいけない場合も、費用が高くなります。具体的には、ブロック塀やカーポート、庭石、樹木などになります。

土中のゴミの処分

解体作業を行っている業者が、まれに、地中障害物・地中埋蔵物と言われる井戸や浄化槽などを見つけることがあります。これらも、必要に応じて解体が可能となります。こういった、解体対象物が発見され、解体を追加で依頼すると、費用は通常に比べると、高く見積もられてしまいます。

鉄骨の解体坪単価が上がるのを防ぐ方法

鉄骨の解体工事は、決して安くありません。安く抑える方法があれば、知っておきたいでしょう。そこで、自分で対応できる解体坪単価が上がるのを防ぐ方法について紹介します。

自分たちで処分できるものはする

鉄骨の解体坪単価を少しでも抑えたいのであれば、比較的重さのないものは、自分たちで処分することができます。鉄骨を処分は、さすがに、自分たちの手で処分することはできません。 鉄骨以外で処分できそうなものを探してみましょう。住宅の解体であれば、庭木や庭石などがあれば、人の手で処分可能かもしれません。庭石でも、大きいものは難しいので、小さめのサイズであれば、対応できるでしょう。 また、ブロック塀で、すでに壊れてしまっているものなども可能となるでしょう。しかし、大きなビルなどの建物の鉄骨の場合は、処分できるものが限られてしまうので、解体業者にそのままお願いするしかありません。

運搬の委託を行っていない業者

解体工事によってでる、コンクリート、鉄くず、プラスチック、ガラス、外壁材類、紙類などは廃棄物ごとに分別しながら解体することが必要です。解体工事では、このような廃棄物が出るので、分別した上で処分を行っています。 しかし、解体業者の中には、解体までは対応するけれど、解体物に関しては、運搬業者に委託している可能性があります。そうなってしまうと、その業者への費用も必要となるため、通常に比べると、解体費用が高くなってしまいます。解体物の処理などの運搬に関しては、きちんと最後まで対応してくれる業者のほうが安く対応してくれます。

3.3建設機材、重機や運搬トラックを自社で購入している

解体するためには、重機や運搬トラックが必要となります。特に、解体時に活躍する重機は、購入する場合、ある程度の金額になると言われています。 そのため、中古の重機を、購入する解体業者も多いようです。また、それらの重機や運搬トラックをリースしてしまうとコストが変わってきます。また、そのコストを負担するのも依頼者になります。そのため、自社で重機を保有しているかどうかは、見積もりが安くできるポイントにもなりますので調べてみると良いでしょう。

3.4自社処分場を持っている解体業者

自社処分場を持っている解体業者があれば、運搬や分別は処分費用を、安く抑えることができます。解体に伴う費用として、一番高くなってしまいやすいのが、処分などの手間によるコストです。自社処分場であれば、解体を行った後の、分別に関しては、手早く対応できるので、自社処分場があるのは、解体業者の強みとなるでしょう。

3.5解体に伴う各種手続きや手配を自分で行う

解体工事が開始される前までに、電話線・光ケーブル・有線放送などの切離しの依頼や水道の引込管の切離、浄化槽の汲取り消毒依頼、ガスの切離撤去など、さまざまな作業対応があります。 このような手配などが、わからないまま、業者へ依頼をしてしまうと、これらの手続きに対する諸経費も上乗せされてしまいます。解体前に必要となる手配は、事前に調べておきましょう。また、対応できるものは、自分で依頼して、解体工事までに完了させておくと良いでしょう。

4.鉄骨解体の総費用を安く抑えて高い坪単価をカバーするには?

鉄骨解体の総費用を安く抑えるためには、解体業者の選別が必要となります。また、鉄骨解体では、解体業者が見積もる坪単価によって、総費用が変わってきます。総費用を安く抑えるためにも、自分で対応できることがあれば事前にやっておきましょう。

4.1自治体からの補助金が使えるか確認する

2006年から、使用が、完全に禁止されているアスベスト。アスベスト含有の建築物を放置し続けると、人体に多大なる影響が起こってしまう可能性があります。以前から、アスベスト対策に関しては、国をあげて問題となっていました。 そのため、自治体によっては、アスベストの含まれている建物、分析調査で、レベル1と認定されたものなどは、取り壊しを行う際に、補助金などが出る取り組みを行っています。まずは、アスベストが含まれいるかどうかの確認も必要になります。解体に関わる補助金に関しても、事前に自治体で確認してみると良いでしょう。

4.2複数の業者から見積もりをもらう

鉄骨解体の総費用を安く抑えるには、やはり、坪単価が安くできるといった点が重要です。そのためにも、解体業者の選別によって、安くできるかどうかが変わってきます。気になった解体業者を調べて、1社に絞るよりも、事前に、複数社の解体業者を選択しておきましょう。 可能であれば、気になった解体業者は、特徴を調べておきましょう。そして、問い合わせを行い、見積もりを出して比較します。この際に、鉄骨解体の坪単価は、それぞれ、いくらで見積もられているのか確認してみましょう。

4.3一括査定サイトのヌリカエ

解体業者に、詳しいという人は、少ないでしょう。解体業者を、紹介してもらえるのであれば、おすすめの解体業者を知ることができます。 しかし、解体を検討している人の多くが、情報をインターネットなどから探すことになります。最近、簡単で便利に見積もりを依頼できるサイトといえば、一括査定サイトのヌリカエです。 ヌリカエであれば、サイトに必要事項を入力するだけで、複数社からの見積もりを、もらうことができます。効率良く、解体準備を、進めるためにも、ヌリカエを活用してみることを、おすすめします。

5.鉄骨の解体を依頼する前に適正な坪単価を知ることが大切

鉄骨の解体は、とても大変な作業です。解体をスムーズに行うためにも、的確な判断をもって、解体業者を見つける必要があります。また、可能であれば、どの程度の費用になるのかを知っておきましょう。 鉄骨解体の坪単価を知ることで、およその費用を、イメージすることができるでしょう。解体における全体の費用が、予算を超えてしまう場合は、自分で行える対策を打っていきましょう。 その中でも、安くできる方法は、複数者から、見積もりをもらうことになります。見積もりの中でも、坪単価を見て比較してみると良いでしょう。坪単価以外での費用が、発生してしまうのであれば、その部分も把握した上で、解体業者に確認してみるとよいでしょう。

5.1鉄骨の解体に詳しい業者探しは一括査定サイトのヌリカエで

鉄骨の解体を行うために、解体業者を探すのは、自分一人では時間がかかる作業です。解体作業を、早く行いたい人は、一括査定が可能なヌリカエのサイトが、おすすめです。 ヌリカエのサイトであれば、解体業者を可能な限り、早く見つけることができます。また、一括査定サイトで行うのは、必要な項目の入力だけです。 解体業者に、詳しくないという人も便利に、調べて活用できます。まずは、サイトを確認してみましょう。査定結果がでたら、それぞれの結果を比較し、業者を決めていきましょう。