木造住宅の解体費用の坪単価とは?安く抑えるポイントを知ろう

投稿日:

更新日:

木造住宅の解体費用の坪単価とは?安く抑えるポイントを知ろう

今建っている木造住宅を、取り壊して新築にしたい、更地にして土地を住居以外に使用したい、古くなった木造の空き家を処分したいと思った時は、家の解体を検討しなければなりません。その時に一番気になる事が、解体費用ではないでしょうか?
しかし、家の解体費用は、家一軒につきいくらといった相場がなく、坪単価や個々の条件により大きく異なります。家の解体で無駄な出費をしないためにも、今回は坪単価の意味を詳しく見ていきましょう。さらに、解体にかかるさまざまな費用の内訳、解体費用を安く抑えるポイントについても見ていきます。

そもそも坪単価とは何なのか

家の解体業者のホームページなどで、よく目にするのが「坪単価」という言葉です。この坪単価とは、建物を解体する際に、1坪あたりにかかる費用のことです。家の面積や素材などは個々により異なるため、建物の解体費用は一軒あたりの費用ではなく、1坪あたりの坪単価で表されます。

解体費用の計算方法

建物解体費は、以下のように計算できます。
建物解体費用=坪単価×延べ面積
延べ床面積とは、建物全体の床面積のことです。例えば、30坪の家を坪単価25,000円で解体した場合、建物解体費用は次のようになります。
30坪×25,000円=75万円
しかし、実際に見積もりを取ると、上記の計算式で出した建物解体費用以上に、解体にかかる費用が算出されています。これはなぜでしょうか? 実は、家の解体にかかる費用というのは、建物解体費用以外にも、重機などの搬入費、人件費、車庫など付帯構造物の費用もかかりますつまり、「建物解体費用=家の解体に必要な総額」ではないのです。

建物の解体費用以外にかかる費用とは?

具体的に、建物解体費用以外の項目を見ていきましょう。建物解体以外にかかる費用は、以下のような項目が主に挙げられます。

仮設工事費用

解体する建物の周りに足場を組んだり、建物を囲う防音・防塵シートなどが、仮説工事費用としてかかります。現場によっては、解体業者の仮設トイレなども設置される場合があります。

重機運搬費用

建物を解体するための重機や、防塵のための散水機を搬入・搬出されるための費用が重機運搬費用です。業者によっては、重機運搬費ではなく重機回送費としていたり、坪単価に組み込んでいたりします。

現場管理費用

現場によっては、交通整備のために人員が必要となることがあります。そのための人件費や、諸経費として現場管理費用がかかることがあります。

付属建物撤去処分費用

建物に付属しているテラスや、ベランダの撤去、廃材を処分するためにかかるのが、付属建物撤去処分費用です。業者によっては、坪単価や建物解体費用に組み込んで、見積もりを出すところもあります。

付帯構造物解体費

付帯構造物解体費とは、ブロック塀、車庫、物置、浄化槽、庭木、庭石、井戸、池などの解体費用や、埋め立て費用、伐採費用のことです。家の解体費用ほど高額ではありませんが、付帯構造物が多い場合はかなりの金額になります。

産業廃棄物処分費用

家を解体した際に出る廃材を処分する際には、産業廃棄物処分費用がかかります。業者によっては、建物解体費用や付帯構造物解体費用に、それぞれの処分費用を組み込んでいる所もあります。

坪単価を見る際の注意点

坪単価だけでは、解体費用総額を計ることはできません。具体的な解体費用総額を知りたい場合は、必ず見積もりを出す必要があります。坪単価に、重機運搬費や産業廃棄物処理費用を、組み込んで計算する業者もあれば、別々に計上する業者もいます。このため、安易に坪単価の安さだけを見るのではなく、解体費用総額を比較して、納得できる業者と契約することが大切です。 また業者によっては、建物解体費用やそのほかの項目をあまり分けずに、「一式」として見積もりを出す所もあります。このような見積書では、ほかの業者との比較検討が困難になります。「一式」表示の多い見積書を受け取った場合、分からない項目や金額は、必ず担当者に説明してもらいましょう。

木造住宅の解体費用と坪単価の相場

それでは、木造住宅の解体費用や坪単価の相場は、いくらくらいなのか見ていきましょう。

木造住宅を解体する際の坪単価の相場は?

木造住宅の解体時の坪単価は、26,000円から56,000円程度です。地域により坪単価が異なったり、坪単価の考え方が業者により違うため、相場内でもこのような開きが出ています。 ちなみに、鉄筋コンクリートの坪単価は39,000円から72,000円、鉄骨造の坪単価は30,000円から43,000円程度です。木造の場合、鉄筋コンクリートや鉄骨造に比べたら柔らかく、解体しやすいため、坪単価が安くなることが一般的です。

建物解体費用以外の費用の相場は?

建物解体費用以外にかかる費用の相場は、以下のとおりです。
仮設工事費用 500円〜1,000円/m2
重機運搬費用 15,000円前後〜/1回
現場管理費用 20,000円前後〜/1日
付属建物撤去処分費用 テラス撤去処分:2,000円前後/m2
ベランダ撤去処分:3,000円前後/m2
付帯構造物解体費用 樹木撤去:10,000円〜50,000円/1本
ブロック塀:2,000円前後/m2
浄化槽撤去一式:10,000円〜30,000円
カーポート撤去処分一式:10,000円〜
庭石撤去処分:10,000円前後/1t
物置1棟:20,000円〜
産業廃棄物処分費用 5,000円〜20,000円/m2

家の解体費用に影響を与える条件とは

坪単価や建物解体費用以外にも、費用がかかります。ただし、面積や付帯構造物などが全く同じ家屋であっても、解体費用総額が全く異なる場合があります。なぜなら、家の立地条件や家の構造によっても、解体費用が変化してしまうからです。こちらでは、解体費用に影響する条件を詳しく解説します。

解体費用に影響する主な項目

具体的に、どのような要因が家の解体費用に影響するのか解説します。

建物の前面にある道路の幅

業者がホームページなどに掲載している坪単価や、解体費用総額の目安の前提には、十分な道路幅があることが挙げられます。その十分な道路幅というのは、約4mです。 この幅があれば、解体工事を行う際に使用する重機や、解体した後に出てきた廃棄物を運搬するトラックなどを、建物の前に駐車できます。そして、工事車両が駐車されている状態でも、一般の普通車が離合・通過することができます。 仮に、建物の前の道路幅が狭くて工事車両が入れない場合、建物を手作業で壊し、手作業で搬出しなければなりません。そのため工事要員が増員されたり、工事期間が通常より長期化されたりすることがあり、その分費用も上がってしまいます。

隣の建物との距離

解体予定の隣に建物が建っている場合、その距離があまりにも近ければ、重機で隣の建物も傷つけてしまう危険性があります。そのため、危険性が高い場所は手作業で解体が行われることになり、その分費用も高額になります。最低でも、隣との建物の距離は30cmは必要とされています。 また、隣の建物との距離があまりない場合、通常よりも防音や粉塵の飛散防止の養生を、しっかりと施さなければなりません。これも、解体費用が上がる要因の一つになります。

アスベストなど特別な処分が必要な建材が使われている

アスベスト含有の建材は、普通に処分できる産業廃棄物とは、別に処分する必要が出てきます。アスベストの飛散性により、アスベストが使われている建材は、レベル1からレベル3に分類されます。レベル1が最も飛散性が高く、レベル3では飛散性は低いですが、アスベスト製品はどのレベルでも取り扱いに注意が必要です。 とくにレベル1やレベル2となると、専門業者のみしか処分ができない・都道府県庁などへの届け出が必要・防護衣の着用の義務付けなど、かなり厳重な処分方法をとります。このような手間や技術を要するため、アスベストを含む建材の解体は高額になります。

産業廃棄物処理業者までの輸送費

木材やガラスなどの産業廃棄物は、解体業者が自ら適切な処分ができない場合、専門業者に処分を委託しなくてはなりません。この時、専門業者の場所が解体場所から遠ければ、それだけ輸送費がかかり、解体費用が高くなります。

家電の引き取り

家電リサイクル法により、冷蔵庫やテレビを廃棄する際は、リサイクル料金がかかるようになりました。このため、このような家電が解体の際に残っており、解体業者に処分を依頼した場合には、リサイクル料金が発生して、この分が高額となります。 また、大型家具なども残っていれば、これらの処分費用も追加でかかることがあります。したがって、家を解体する際には、なるべく家電や大型家具などを、処分したうえで依頼することで、家の解体費用を安く抑えることができます。

家の解体費用の注意点

家そのものの解体費用である建物解体費用のほか、別途必要な費用もあり、解体費用が高額になるケースもあります。家の解体には家の面積だけでなく、付帯構造物の有無や道路幅、隣の家との距離など、さまざまな要因が関係してきます。そして、その費用も坪単価同様に、業者により異なります。 このため、家の解体業者を決める際には見積もりをお願いし、複数の業者を比較検討することがおすすめです。ヌリカエであれば、一括で複数の業者に見積もりを依頼することができます。木造の家の解体をお考えなら、ヌリカエの一括見積もりが大変便利です。

木造住宅の解体費用を安く抑える方法

木造住宅の解体費用を、できるだけ安く抑えたいと思う人も多いのではないでしょうか?木造住宅の解体費用を安くおさえるポイントは、一体どのような点にあるのか見ていきましょう。

自ら解体業者に依頼する

解体費用を安く抑える最も重要なポイントは、複数の解体業者を比較検討して、自ら解体業者に依頼することです。家の解体を考えた場合、ついハウスメーカーや工務店に相談しがちです。しかし、ハウスメーカーなどは自社で解体を行っておらず、実際に解体をするのは、ハウスメーカーなどと提携している解体業者です。 そして、ハウスメーカーや工務店から解体業者に依頼がいく際に、紹介手数料が発生するのです。この紹介手数料は、家の解体を依頼する施主に請求されます。紹介手数料の相場は、解体費用の20〜30%となり、解体費用そのものが高額なため、紹介手数料だけで数十万円になることもあります。

信頼できる業者を選ぶ

ただ安いというだけで解体業者を選ぶと、思わぬトラブルを招くこともあります。木造住宅の解体を依頼する際は、必ず信頼できる解体業者を選びましょう。業者を見るポイントは、以下のとおりです。

業者の接客態度などをチェックしよう

信頼できるか否かを見極めるためには、実際に解体業者と話し、接客態度や質問に対する受け答えなどを、チェックすることが大切です。また、従業員に態度が横柄な人がいないかも、見ておきたいです。実際に、解体業者の現場での態度が悪く、近隣からクレームが出たというケースもあるため、気を付けましょう。

資格の有無

解体工事は、解体工事施工技士の資格を持つ者のみが行える行為です。さらに、事業者登録を各都道府県にしていなければ、解体業は営むことができません。なかには、無資格や無登録の業者もいるため、注意が必要です。有資格者には証明書が発行されているため、証明書の有無を確認しましょう。通常、証明書はホームページなどにも掲載されており、簡単に確認することができます。

マニフェスト

マニフェストとは、解体工事における産業廃棄物が、どのように処分されたかの過程を記録したものです。解体業者から運搬業者、運搬業者から処理業者、そして処理業者から最終処理業者へ渡ります。通常は7枚綴りで、解体業者は各業者が押印しているマニフェストを、5年間保存することが義務付けられています。 もしマニフェストが解体業者の元にない、押印が抜けているなどがあれば、産業廃棄物を不正に処理している可能性があります。マニフェストは施主が確認できる権利があるため、必ずチェックしましょう。

近隣への連絡で不要なトラブルを避ける

解体工事中は、養生シートで建物を覆っても、多少の音や塵は出てしまいます。これが近隣住民とのトラブルを招くこともあります。トラブルが起きた際に話し合いですめば良いのですが、なかには裁判まで発展するケースもあります。 このような場合には、慰謝料や弁護士費用が必要になり、高額な出費を強いられます。こうしたトラブルを避けるためにも、近隣住民への事前の挨拶はしっかり済ませましょう。また、早朝や深夜の解体工事は避けるようにすることも大切です。

まずは見積もりを取って信頼できる業者を選ぼう

木造住宅の解体費用には、坪単価や付帯構造物解体費用、仮設工事費用などさまざまな項目が含まれます。この費用は解体業者によりかなり異なるため、解体業者を決める際はまず見積もりを取ることが大切です。そして納得できる金額を提示してきた業者のなかから信頼できる解体業者を選びましょう。

優良な解体業者を探すならヌリカエの一括見積もりがおすすめ

優良な解体業者を探すならヌリカエの一括見積もりを利用するのがおすすめです。一括見積もりであれば同時に複数の解体業者を比較検討することができます。木造住宅の解体をお考えならヌリカエの一括見積もりは大変便利です。