平屋の解体費用はいくら?費用を安く抑える方法も解説

投稿日:

更新日:

平屋の解体費用はいくら?費用を安く抑える方法も解説

平屋の解体費用は一体いくらなのか、疑問に感じていませんか?

実は、平屋の解体費用は構造別によって費用が違ってきます。

そして、意外にも2階建てよりも平屋の方が、費用は高いです。

  • 平屋の解体費用は、構造別によって費用が違ってくる
  • 2階建てよりも、平屋の方が費用は高い
  • この記事では、平屋の解体費用について詳しく解説していきます。

    最後まで読めば、平屋の解体費用を安く抑える方法を紹介しますよ。ぜひ、ご覧ください。



    1. 平屋の解体費用

    平屋の解体費用は、それぞれ違いがあります。なぜなら、解体費用は、建物の構造によって大きく左右されるからです。

    そして、以下が構造別の費用になります。

    構造別の費用 木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造
    坪単価 2万円~ 3万円~ 4万円~

    平屋の解体費用は、表のように構造によって違いがあります。ただし、上記の表はあくまで目安です。参考程度に留めておきましょう。


    1.1. 2階建ての方が費用は安い

    解体費用は、平屋より2階建ての方が費用は安いです。

    なぜなら、頑丈な部分である基礎と屋根の部分が、平屋の方が広いからです。

    実は、解体費用でもっとも高い部分が、基礎と屋根になります。理由は前述した通り、頑丈であるのと、処分費用が高くなってしまうからです。


    そのため、同じ30坪でも、2階建てだと1階15坪、2階15坪だと想定されます。

    その場合、基礎と屋根の部分も15坪分の範囲となるので、結果的に2階建ての方が費用として安いことになります。

    一方、平屋30坪だと基礎と屋根も30坪の範囲なので、残念ながら2階建てよりも解体費用が高くなってしまうのです。


    このように、解体費用は2階建てよりも平屋の方が高くなってしまうことを覚えておいてください。


    1.2. 地域によって解体費用が違う

    解体費用は、地域によって違いがあります。これは、人口密度による違いがあるからです。

    なぜ、人口密度による違いが、解体費用に結びついているのかというと、以下をご覧ください。

    原因 解決方法 発生する費用
    道路が狭くて重機・トラックが入らない 作業員が手作業で解体 通常より2倍以上の費用を請求
    トラックを置くスペースがない トラックを道路に置く 道路使用許可の申請代、警備員の配置代
    近隣との距離が近い 防音・防塵のため養生を設置 養生費

    つまり、地域の人口密度が高いと、道路が狭く、トラックを置くスペースがなく、近隣との距離が近いという問題があるため、費用が高くなる傾向にあるのです。

    以下の表を見てみても、人口密度の高い地域が、一段と費用が高い傾向にあることが分かると思います。

    地域 坪単価
    北海道 21,000円~
    秋田県 23,000円~
    千葉県 27,000円~
    東京都 32,000円~
    山梨県 23,000円~
    福井県 28,000円~
    愛知県 27,000円~
    大阪府 30,000円~
    島根県 30,000円~
    徳島県 26,000円~
    福岡県 25,000円~
    沖縄県 20,000円~

    ただし、人口の少ない地域でも、解体業者の数が少ない場合は人手不足が原因で費用が高いです。

    このように、解体費用は地域によって解体費用が違ってくることを把握しておきましょう。


    1.3. 別途費用が必要な事例

    平屋の解体費用では、別途費用が後から請求される場合があります。これは、解体工事をして初めて気づくパターンが多いためです。

    例えば、解体工事中に地中に井戸が埋まっていたなど、このような事態が発生した場合、撤去のため費用を請求されます。

    後から別途費用を請求されても焦らないように、どのような事態で別途費用が必要なのか確認しましょう。


    ・アスベストが含まれている

    アスベストが確認された場合、別途費用が必要です。これは、周囲に健康被害を及ぼすため、強制的に除去工事が行われます。

    健康被害の主な例は、肺がん、悪性中皮腫といった病気を引き起こす危険性があります。

    そのため、アスベスト専門の業者に依頼して、除去をお願いしなくてはなりません。


    そして、除去費用はアスベストのレベル、部材によって違います。

    特に、レベルに関しては、レベル1、2だと、除去費用が高額です。反対にレベル3だと、レベル1、2と比べて費用の負担は少なく済みます。

    また、アスベストが使われている建物の見分け方としては、2006年以前の建物には注意が必要です。

    なぜなら、2006年に「労働安全衛生法施行令改正」によってアスベストの使用が徹底的に禁止されたからです。

    このように、アスベストが確認されたら除去工事が必要になるため、別途費用が必要になることを押さえておきましょう。


    ・地中埋設物の有無

    廃材や井戸など「地中埋設物」があった場合、別途費用が必要です。

    なぜなら、地中埋設物を撤去しなくては、新しい建物の基礎の邪魔になり、地盤が弱くなってしまうためです。

    そのため、廃材や井戸、そして基礎部分や浄化槽などの「地中埋設物」が確認されたら、別途費用を支払わなくはなりません。


    そもそも、なぜ地中に埋設物があるでしょうか?これは、以前の工事業者がずさんだったからです。

    例えば、廃材を地中に隠しておけば、その廃材の処分費用を浮かせることができます。このような悪徳なやり方をする業者がいるため、地中に埋設物があるのです。

    地中埋設物が確認された場合、別途費用が必要になることを押さえておきましょう。


    2. 平屋の解体費用を安く抑えるためには?

    解体費用は非常に高いです。木造の平屋20坪でも、解体費用は40万円以上も必要になります。

    平屋の建築費用と比べると安く感じるかもしれませんが、それでも40万円以上の費用を負担するのは、簡単なことではありません。

    そんな高額な解体費用を安く抑える方法があります。少しでも解体費用の負担を減らすためにも、安くする方法を確認していましょう。


    2.1. 業者に直接依頼する

    解体費用を安く抑えるためにも、業者に直接依頼しましょう。なぜなら、中間マージンを抑えることができるからです。

    大手業者に依頼した場合、その業者は下請けに解体を委託するため、仲介費用として中間マージンを上乗せされて請求されます。

    これを防ぐためにも、業者に直接依頼して、中間マージンが上乗せされることを防ぎましょう。


    2.2. 不用品を処分する

    解体費用を安く抑えるためにも、不用品を処分しておきましょう。

    なぜなら、解体業者が不用品を処分する時、その処分費用も上乗せされるからです。

    そのため、平屋にある要らない家具、家電製品などを処分しておくことで処分費用を浮かせることができます。

    また不用品の処分は、リサイクルショップに売却したり、友人や知人に渡すことで、費用をより浮かせることができますね。

    不用品をあらかじめ処分して、解体費用を安く抑えましょう。


    2.3. 繁忙期は避ける

    解体費用を安く抑えるためにも、繁忙期を避けて依頼しましょう。

    なぜなら、繁忙期に依頼すると、費用が通常よりも割高になってしまうからです。

    特に忙しいのが、12月~3月の期間だとされています。そのため、できるだけ繁忙期を避けて依頼することがおすすめです。


    2.4. 補助金を活用する

    解体費用を安く抑えるためにも、補助金を活用しましょう。

    なぜなら、自治体によって解体に補助金を設けている地域があるからです。

    そもそも、自治体が解体工事に補助金を設けているのは、「空き家を減らしたい」という理由があります。

    なぜ空き家を減らしたいのかというと、犯罪の温床となったり、景観が悪化したり、災害時に倒壊する危険性があるからです。

    そのため、もし解体予定の平屋が空き家だった場合、補助金を支給される可能性があります。自治体によって条件や支給額は違いますが、一度確認してみましょう。


    2.5. 建物滅失登記を自分で行う

    解体費用を安く抑えるためにも、建物滅失登記を自分で行いましょう。

    なぜなら、建物滅失登記を土地家屋調査士に依頼した場合、4~5万円の費用を請求されるからです。

    また、建物滅失登記はたしかに自分で行うのは難しい作業ですが、できない作業ではありません。費用を少しでも抑えたい人は、自分で建物滅失登記を行うことをおすすめします。


    ただし、やらない、忘れた、という事態は避けてください。

    建物滅失登記を行っていない場合、10万円以下の過料となります。

    さらに、延々と固定資産税を支払い続けなくてはなりません。他にも様々なデメリットがあります。

    そのため、もし自分で建物滅失登記を行うことに不安を感じている人は、土地家屋調査士に依頼することがおすすめです。


    2.6. 相見積もりをする

    解体費用を安く抑えるためにも、相見積もりを行いましょう。

    なぜなら、見積もりを複数社から取ることで、適切な相場を見ることができるからです。

    もし一社しか見積もりを取っていないと、その業者がもっとも安く、信頼できる業者なのか分かりません。

    相見積もりを行うことで、複数社から信頼できて、お得な業者を見分けられます。

    解体費用を安く抑えるためにも、相見積もりを行いましょう。


    3. 平屋の解体費用を確認して、安心できる解体をしよう

    ここまで、平屋の解体費用、平屋の解体費用を安く抑える方法について解説してきました。

    平屋の解体費用は、構造によって費用が違ってきます。構造の中でもっとも安いのが木造で、坪単価2万円~です。

    この費用をもっと安くするには、繁忙期を避けたり、不用品を自分で処分するなどの方法があります。

    このように、平屋の解体費用を確認して、安心できる解体工事を行いましょう。