マンションの解体費用は?誰が払うの?|解体費用を安くする方法まで徹底解説

【投稿日】

【更新日】


「マンションの解体費用はいくらになるの?」
「解体費用は、誰が支払うの?」

マンションの解体費用について、こんな疑問をお持ちではありませんか?

実は、マンションの解体費用は非常に高額です。最低でも1,000万円以上の費用を負担する必要があります。

また、マンションの解体費用は賃貸の場合、あなた自身が支払う必要がありますが、分譲マンションの場合だと「住民」も支払う必要があるのです。

  • マンションの解体費用は1,000万円以上は必要になる
  • 分譲マンションだと「住民」も支払う必要がある
  • この記事では、マンションの解体費用について疑問に感じている人のために、マンションの解体費用、そして費用は誰が支払うのか解説していきます。

    これで、マンションの解体費用について悩む必要はありません。

    最後まで読めば、マンションの解体費用を安く抑える方法まで紹介しますよ。ぜひ、ご覧ください。



    1. マンションの解体費用

    マンションの解体費用は、非常に高額です。一般的である小規模なRC構造のマンションの場合だと最低でも1,000円万円以上の費用を負担する必要があります。

    これは、もちろんマンションの規模や構造、地域といった要素で変わってきますが、最低でも1,000万円以上の解体費用が必要になることを覚えておいてください。

    それでは、マンションの構造別の相場、内訳などについて、詳しく解説していきます。


    1.1. 構造別の相場

    前述したように、マンションの解体費用は構造によって相場が違ってきます。

    RC造りのマンションの場合、坪単価50,000円が解体費用の相場です。ほかの構造の相場については、以下の通りになります。

    マンションの構造 坪あたりの単価
    S造(鉄骨造) 35,000円
    RC造(鉄筋コンクリート造) 50,000円
    SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造) 65,000円

    図を見ていただけると分かる通り、もっとも費用が安いのがS造で、費用が高いのがSRC造になります。ただし、マンションの構造としてもっとも多く使われているのはRC造です。

    基本的には、ビルの坪単価と似ています。しかし、ビルと唯一違うのは、「誰が解体費用を支払うのか?」という疑問がある点です。この点については、後ほど解説致します。


    「マンションの解体費用は誰が支払う?」

    早く知りたい人は、こちらをクリック


    また、これらの相場は、マンションの規模、場所などの諸要因によって変わってくるため、あくまで参考程度に押さえておいてください。


    1.2. 解体費用の内訳

    マンションの解体費用の内訳について解説します。

    マンションの解体費用の大部分は「人件費」になっています。

    これは、解体工事でもっとも必要になるのは重機やトラックでもなく、人だからです。そのため、人に、もっとも多くの費用がかけられます。

    それでは、人件費以外には、どのような費用が使われているのでしょうか?マンションの解体費用の内訳について解説していきます。


    人件費

    先にも述べたように、マンションの解体費用で、もっとも多くを占めるのが「人件費」です。これは、人が多いほど費用としての負担が増します。

    基本的には、作業員1人につき1万~2万円程度の費用が必要です。

    マンションの規模が大きいほど、必要となる作業員も多くなるので、あらかじめ業者に何人の作業を行うのか確認しておくことをおすすめします。


    重機・トラックなど使用費

    人件費の次に大きな負担になるのが、解体工事に使う重機・トラックなどの使用費になります。これは、重機やトラックを借りたレンタル代や燃料代が主な費用です。

    こちらもマンションの規模が大きいほど、必要となる重機、トラックが増えます。あらかじめ、業者に何台の重機、トラックが動くのか確認しましょう。


    廃棄物処分費用

    この費用は、マンションの解体工事で発生した産業廃棄物の処分費用になります。

    具体的には、マンションで発生した廃棄物を分別してから、専門の処分業者によって処理される費用です。

    産業廃棄物はマンションを解体すると確実に発生します。さらに最終処分までいくつの業者の手に渡るので、想定より費用が高くなることも。

    ただし、高額な処分費用を避けて、低い費用で処分してくれる業者がいた場合、不法投棄を行っている可能性があるので注意が必要です。

    もし、廃棄物処分費用について疑問に感じた場合、業者に問い合わせてみましょう。


    仮設工事費用

    この費用は、解体工事に使われる施設の設置費用です。

    仮設工事がなくては、工事の効率が落ち、作業員の安全性を保てず、近隣に迷惑をかけることになります。

    具体的には、部材や落下物、粉塵を防ぐための養生や、作業員が登り降りする足場、そして転落防止のための仮設ネットなどを設置する費用です。

    作業員の効率、安全、そして近隣に迷惑をかけないためにも、この費用は外すことができません。業者と確認して、どのような仮設工事を行うか確認しておきましょう。


    その他費用

    以上の他にも、発生する費用があります。これは、解体工事中や、解体工事前、解体工事後など、様々な場面で発生する費用です。

    例えば、アスベストの撤去費用や、ライフラインの撤去費用、杭抜き費用や残土処理費用、諸々の申請にかかる代行費用など。

    見積もりを貰った時、それぞれの項目がどのような費用なのか、業者と確認しましょう。


    地域・場所によって費用が異なる

    マンションの解体費用は、地域・場所によって費用が異なります。

    これは、場所によって近隣との距離が近いため、騒音・防塵対策を行う必要があったり、道が狭くてトラックが入れず、追加の作業費や申請費用が必要になったりするためです。

    つまり、人口が密集している地域だと、近隣と距離が近かったり、道が狭い場所が多い特徴にあります。

    そのため、都市部の地域では解体費用が高額になりやすい傾向にあるのです。

    逆に、人口の少ない地域だと解体費用を安く抑えられる可能性があります。

    このように、マンションの解体費用は地域・場所によって異なるので、あらためて自分の住む地域・場所について人口や近隣の距離、道路の幅など確認してみましょう。


    ちなみに、解体費用が高額な地域は関東・近畿地方で、もっとも安い地域は九州・沖縄地方になります。


    1.3. 解体業者の選定

    マンションの解体業者は「建設業の許可」がある業者に依頼しましょう。

    なぜなら、解体工事の請負金額が500万円以上になる場合、「建設業の許可」が必要になるからです。

    マンションの解体工事の場合、少ないですが請負金額が500万円以下を切る場合があります。この場合、解体工事業の登録だけある業者に依頼しても大丈夫です。

    ただ、マンション解体の多くは解体費用が1,000万円を超えるので、最初から「建設業の許可」がある業者を念頭に選定しましょう。


    2. マンションの解体費用は誰が支払う?

    マンションの解体費用は、いったい誰が支払うのでしょうか?

    これは、賃貸マンションか分譲マンションによって違いがあります。

    例えば、賃貸マンションの場合だとマンションの所有者、つまり、あなた自身が支払わなくてはなりません。

    しかし、分譲マンションの場合だと、マンションの部屋を購入した、所有者である住民も支払う必要があります。

  • 賃貸マンションだと、マンションの所有者が解体費用を支払う
  • 分譲マンションだと、所有者である住民も解体費用を支払う
  • ただ、だからといってスムーズに解体できる訳ではありません。「区分所有法」により、住民の過半数の賛成がないと、マンションの解体ができないようになっています。

    このように、マンションの解体費用は賃貸だと、あなた自身が、分譲だとマンションに住む住民も解体費用を支払うことを覚えておきましょう。


    3. マンションの解体費用を安く抑える方法

    ここまで、マンションの解体費用について解説してきましたが、解体費用がいかに高額か理解して頂けたと思います。

    マンションの解体費用は、最低でも1,000万円以上かかります。

    確かに、マンションの建設費用と比較してみると安く感じるかもしれませんが、それでも高額であることに変わりありません。

    この高額な費用の負担を少しでも軽くするためにも、解体費用を安く抑える方法を解説します。


    3.1. 図面を用意する

    解体費用を安く抑えるために、マンションの図面を用意しましょう。

    なぜなら、解体業者は現地調査をしただけでは、わからない部分が多いからです。


    例えば、マンションの解体中にアスベストが発覚した場合、そのための撤去工事が必要になります。この場合、アスベストの撤去費用として、見積もりに上乗せされて請求されるのです。

    なので、解体業者は現地調査よりも図面を見ることで、より正確に見積もりを提示できます。

    そのため、現地調査をした時より図面で見た方が、結果的に見積もりが安くなる可能性が高いです。

    マンションの解体工事には、事前に図面を用意しましょう。


    3.2. 立ち会い調査を依頼する

    解体費用を安く抑えるためにも、立ち合い調査を依頼しましょう。

    なぜなら、見積もりをマンションの外観だけで算出している場合があるからです。


    この場合、立ち会い調査を依頼することで、マンションの内部までしっかり見てもらい、より適切な見積もり価格を提示してもらうことができます。

    もし、マンションの外観だけで見積もり価格を提示していると、内部まで見てもらうより費用が高くなってしまう恐れがあります。

    そのため、マンションの解体には立ち会い調査を依頼しましょう。


    3.3. 繁忙期を避ける

    解体工事を安く抑えるために、繁忙期を避けましょう。

    実は、12月~3月の時期は建設業者では繁忙期にあたるため、通常より費用が割高になっています。

    また悪天候や台風が到来した場合、止むなく工事を中断することがあります。

    この場合、工事が進んでいないのに作業員に費用を支払うデメリットが生じる可能性があるので、悪天候や台風の多い夏場も避けるべきです。

    つまり、夏場と繁忙期を避けた、解体業者が比較的に余裕がある4月~6月にマンションの解体を依頼しましょう。


    3.4. 相見積もりを行う

    解体工事を安く抑えるためにも、相見積もりを行いましょう。

    なぜなら、一つの業者に見積もりを依頼しても、適正な相場が分からないからです。


    複数の業者から見積もりを貰うことで、比較検討して、適正な相場を把握することができます。そして、もっともお得に、信頼できる業者を効率的に見つけることが可能です。

    解体費用を安く抑えるためにも、必ず相見積もりを行いましょう。


    4. マンションの解体費用をしっかり確認しよう

    ここまで、マンションの解体費用、解体費用の支払う人、そしてマンションの解体費用を安くする方法について解説してきました。

    マンションの解体費用は非常に高額です。構造や規模、地域によって費用は違ってきますが、最低でも1,000万円以上の費用を負担する必要があります。

    そして意外なことに、マンションの費用は賃貸だと所有者である「あなた自身」が支払う必要がありますが、分譲マンションだと「住民」も支払う必要があるのです。

    これらの点をしっかり押さえ、マンションを効率的に解体しましょう。