一戸建ての解体費用はいくら?相場から内訳、補助金・ローン、事前準備まで解説

【投稿日】

【更新日】

一戸建ての解体費用がいくらになるのか疑問に感じませんか? 実は、一戸建ての解体費用は構造・立地によって費用が変わってきます。しかし費用としては100万円を超える高額になるため、自治体や金融機関では少しでも負担を減らそうと補助金や解体ローンを受け付けています。
  • 一戸建ての構造・立地によって費用が変わる
  • 一戸建ての解体に補助金・解体ローンを申請できる
  • この記事では、一戸建ての解体費用の相場と内訳、そして解体費用への補助金、解体ローンに、解体工事の事前準備について解説します。 これで、一戸建ての解体費用に不安になる必要はありませんよ。

    1. 一戸建ての解体費用の相場

    一戸建ての解体費用の相場について解説します。解体費用の相場は、一戸建ての立地・構造によって違います。例えば、坪単価を東京と大阪で比べた場合、約1万円の差があります。そして木造と鉄骨造・鉄筋コンクリートで比較した場合、圧倒的に木造の方が安いです。

    構造別の坪単価 木造 鉄骨造(S造) 鉄筋コンクリート造(RC造)
    坪単価 35,000円〜 40,000円〜 40,000円〜

    表のように、木造がもっとも安いことがお分かりになると思います。そして、この表を参考に「坪単価×延べ床面積」で計算すると目安となる解体費用を算出できます。

    一戸建ての解体費用の相場を把握して、解体工事をスムーズに進めましょう。

    2. 一戸建ての解体費用の内訳

    一戸建ての解体費用の内訳について解説します。解体費用の内訳は、大きく分けて「作業費」と「処分費」に分かれます。この2つの費用が解体費用でもっとも大きく占められる費用です。

    それでは、具体的な費用について見ていきましょう。

    2.1. 作業費

    作業費は大きく分けて3つの費用が含まれています。それは「人件費」「重機の使用料・燃料費」「養生費」の3つです。

  • 人件費
  • 重機の使用料・燃料費
  • 養生費
  • これらの費用は解体工事を行う上で必要不可欠な費用です。特に、人件費は解体工事をもっとも大きく占める費用なので、建物の面積、構造、期間が通常以上の場合、費用が上積みされていきます。それは重機の使用料・燃料費も同じです。

    そして養生費というのは、解体工事で周囲に木屑や石片といった細かい破片が飛散するのを防ぐために、建物の周囲を囲む設備にかかる費用です。

    これら3つの費用は、どの解体工事にも欠かすことができない費用になります。

    2.2. 処分費

    この処分費は解体費用では欠かせません。処分費とは、解体工事に出た廃材を処分するための費用になります。そして、解体工事から出た廃材の処分は工事会社が行わず、廃棄物処理を専門に行う業者に委託することが通常です。

    この廃材の処分費は、廃材の種類によっても違いますが、「円/立方メートル」で計算され、解体費用として請求されます。

    2.3. 別途費用

    作業費、処分費以外に別途費用が請求される場合があります。これは、予想外の事態に遭遇した場合に発生してしまう費用だと認識しましょう。

    例えば、以下のような場合に別途費用が請求されます。

  • アスベストの除去
  • 浄化槽の撤去
  • 地中障害物の撤去
  • 築年数が古い建物だと、未だにアスベストが使われている建物があります。その場合、アスベストの除去を依頼する必要があります。また、浄化槽や地中障害物が解体工事中に確認された場合、この撤去費用も請求されます。

    他にも、別途費用が発生する場合があるので、あらかじめ解体業者とどんな事態に費用が発生してしまうか確認しておきましょう。

    3. 補助金・解体ローン

    一戸建ての解体費用には補助金、または解体ローンを申請できます。空き家問題が広がっている中、自治体や金融機関も積極的に補助金や解体ローンを受け付けています。解体費用は高額になるため、費用が負担に感じる方は補助金や解体ローンを検討するのもいいかもしれません。

    それでは、補助金、解体ローンがどのようなものか見ていきましょう。

    3.1. 補助金

    自治体によって一戸建ての解体に補助金が支給される場合があります。これは空き家問題が広がっているため、少しでも空き家の解体を推し進めるために設置された制度です。

    補助金は自治体によって名称・条件・支給額が違ってきますが、基本的に同じ条件があります。それは以下の通りです。

  • 1年以上居住者がいない物件であること
  • 個人が所有している建物であること
  • 一戸建てまたは併用住宅であること
  • 補助金を自治体から申請する場合、最低でも上記の条件が当てはまるか確認しましょう。

    ただし、上記の条件が当てはまっても、お住まいの自治体が補助金を設けているか、また条件が当てはまらない場合があるため、自治体へ事前に確認しておくといいかもしれません。

    3.2. 解体ローン

    一戸建ての解体にローンを組める場合があります。これも空き家問題が広がっている背景があるため、自治体からの申請、また地方創生という意味合いで解体ローンを受け付けています。この解体ローンは自治体の補助金よりも条件が低く設定されているため、お手頃です。

    もし補助金を受けられなかった場合、解体ローンを検討するのもいいかもしれません。

    4. 解体工事の事前準備

    解体工事は、ただ解体業者に任せておけばいいという訳ではありません。解体工事が始まる前に事前準備が必要になります。これは、工事をスムーズに行うために必要なのはもちろん、解体費用を少しでも安く抑えるために必要です。

    それでは、どのような事前準備が必要か見ていきましょう。

    4.1. 近所への挨拶回り

    近所への挨拶回りは必須です。大きな音や粉塵、道路を塞いでの作業等、たくさんの迷惑をかけることになります。必ず、工事の責任者と共に挨拶回りを行いましょう。その際、大まかなスケジュールを伝えておくと良いかもしれません。

    4.2. ライフライン撤去の申請

    ライフラインとは、インターネットや電話回線、水道や電気のことを指します。これらの停止手続きをしないと解体工事を始めることはできません。セキュリティーサービスに加入している場合は、こちらの解除手続きも行いましょう。

    ライフラインの解除手続きは業者を通して行うこともできますが、契約者本人が行った方がスムーズに進めることができます。

    しかし、水道だけは工事に使用する場合もあるので、停止の手続きを行う前に止めても大丈夫かどうかを業者に確認しましょう。

    4.3. 道路使用許可の申請

    工事中の重機等が公道にはみ出る場合は、道路使用許可を申請する必要があります。

    こちらに関しては、業者が行うのが一般的です。ほとんどの業者が「有償」で行っていますので、見積もり書が発行された時に、この申請に関する項目が記載されているかどうかを確認しましょう。

    4.4. 家内の整理、処分

    家の中にある家財の処分は、業者に依頼するのではなくご自身で行うようにし、家庭ごみとして処理することで費用を抑えることができます。

    こちらも、工事の開始までに済ませなければスケジュールが崩れる原因となりますので、解体が決定した時点から徐々に進めておくことをオススメします。

    5. 一戸建ての解体費用を把握して賢く解体しよう

    ここまで、一戸建ての解体費用の相場から内訳、補助金・解体ローン、解体までの事前準備について解説しました。

    一戸建ての解体費用は、作業費と処分費によって大きく占められています。そして、この解体費用は自治体から補助金、または金融機関に解体ローンの申請を行うことで、費用の負担を和らげることができます。

    一戸建ての解体費用を把握して、補助金や解体ローンを活用するなど、一戸建てを賢く解体しましょう。