家を解体するとき家具はどうするべきか|そのテクニックを徹底解説

投稿日:

更新日:

家を解体するとき家具はどうするべきか|そのテクニックを徹底解説

分かりやすく全家財道具を移動させる引っ越しとは違い、リフォームの際に家を解体するときは中の家具をどうするべきか悩んでいる人の声をよく耳にします。今後も使用する家具を別の場所に移動させた後、要らない家具はどのような方法で処分するのがベストなのでしょうか。




1. 家の解体をする際は家財は残さないのが基本

家の解体工事を始める前には、建物の中の不用品を撤去する必要があります。その際、残して良いものはありません。不動産屋に行き、部屋や家の閲覧にまわる時に見る部屋の中をイメージしてください。家財道具は一切ない状態、その状態にすることが、家の解体をする前の基本的な片づけと言えます。

家の解体時には、延床面積×単価という式で解体費用を見積もりします。これは家財などがない場合の算出方法で、不要家具がある場合はその分の搬出費用と処分費用が加算されます。解体業界では、家具の処分は解体工事の内容には含まれず、処分を希望する場合は別途料金が発生することが基本です。

1.1. ゴミの種類で処分の方法が変わる

解体業者に家財処分を依頼した際、解体業者はその残置物を産業廃棄物として処分します。しかし、私たちが自身の手で処分をする場合は、一般廃棄物となります。

ゴミの種類が変わると処分の方法も変わります。一般廃棄物のほとんどは決められた日に出せば回収してくれますが、産業廃棄物はそうはいきません。解体工事の際に出た産業廃棄物は、解体業者が決められた場所かつお金を払って処分しなければなりません。ゆえに別途料金として加算されるのです。

なお、水道やガス、電気が繋がったまま工事を進めていくのは大変危険です。当然のことながら、あらかじめ配線を撤去しておくようにしましょう。配線が繋がったままの状態で業者に引き渡してしまうと、廃止もしくは休止手続きやその作業代金が加算される場合もあります。

  

2. 家を解体する際の家具の処分方法

家の解体の際の不要な家具の処分方法は、手っ取り早く解体業者に依頼する前にまずは自身で考えましょう。家具を処分できる方法は大きく分けて、自分で家具処分をする方法と解体業者などに依頼をする方法があげられます。

2.1. 自分で処理する

それでは、自分で片付ける方法を具体的に解説していきます。

自分で家具を壊してゴミに出す

自分で家具を壊して小さくし、自宅近くのゴミ収集場所に可燃ごみや不燃ごみにして出す方法があります。粗大ゴミはいくら安くても有料となります。しかし、出来る限り小さく切断・分解し、指定ゴミ袋に入れてゴミの日に出せば無料で済みます。

しかし、のこぎりやチェーンソーなどの道具が必要です。男性であれば可能な方法として考えられますが、女性の場合は現実的ではないかもしれません。また、道具を使用することで危険を伴います。壊すためにはある程度のスペースが必要になることも外せない条件です。

ちなみにタンスの場合は、木槌で簡単に壊すことができるそうです。一見頑丈な作りに見えるタンスですが、叩くと一気に壊れるとも言われます。接着剤を使用しておらず、丸い棒状のもので接合されているため、組み立て方を意識しながら叩くと大きな力は要らないとのことです。

自治回収に出す

自治体に粗大ごみとして引き取ってもらう手があります。方法は、まず自治体に連絡を入れ、その際に自治体が指定する取扱店でごみ処理券を購入します。処理券に必要事項を記入します。その後、回収日当日の指定時間前に指定場所まで家具を運び、処分完了です。

ただし注意する点は、ゴミ処理券の発行手続きから回収までに最低1週間はかかることと、大型家具の場合、回収指定場所までの移動が大変だということです。また、エアコン、洗濯機、冷蔵庫やテレビなど家電は引き取ってもらえないそうです。

処分費用や粗大ゴミに該当するものは、地域によって変わります。ゆえに、済んでいる地域の粗大ゴミについての内容を、処分費用と方法を含めて事前に確認しておくべきです。

リサイクルショップに買い取ってもらう

リサイクルショップに買い取ってもらえば、処分できてお金も儲かり一石二鳥です。シーズン前の季節商品や大型冷蔵庫、ドラム式洗濯機などが状態の良いものであれば、意外な高値がつくこともあるそうです。この収益により、解体工事費用の負担を減らすこともできます。

特に大型の家具や家電などにおすすめなのが、無料で出張買取サービスを行っている買取ショップです。査定や買取、搬出を自宅で完結できるメリットは大きいです。査定額に納得できない場合はキャンセルも可能です。ただし買取の条件は店舗によって異なりますので、事前に問い合わせてから見積もりを依頼しましょう。

オークションやフリマアプリに出す

お金をもらって不要品を処分できる術として、今や世間では常識となっているインターネットを使用した売却法です。購入希望者が多ければ思いもよらない値がつくこともあります。スマートフォンからでも気軽に出品できるのが魅力です。

ただし、取引に関しての手続きや事務的な作業が面倒だということは重要なデメリットであると言えるでしょう。流れとしては、スマートフォンなどで品物を撮影し、その写真の添付と同時に出品するための売り文句を入力します。それをインターネットにアップロードします。アプリに登録していない場合は、この時点で先にIDを登録しなければなりません。

入札希望者からの質問に対応し、いよいよ落札・売り上げが決定した後は丁寧に梱包して発送の手続きをおこないます。家具や家電の場合は、配送法やその送料をどちらが持つかなどの問題を抱えてしまいます。いずれにせよ、お互いの顔が見えない取引なので、落札者や買い手とのトラブルが発生する場合があることは否めません。

2.2. 業者に任せる

それでは次に、他者に任せて処分する方法はどのようなものがあるのでしょうか。

解体業者に頼む

木製家具は解体工事の際に重機で解体をすれば、建物の木くずと一緒に合わせて処分できます。ゆえに数個であれば、解体業者に相談すると処分してもらえる場合があります

プラスチック製品・金属製品に関しても、解体業者は重量で処分価格を決定するので、依頼した方が処分費用が安く抑えられます。廃プラスティック・スクラップ共にリサイクルするための産業廃棄物を中間処分場に持ち込んで直接処分を依頼しやすいので、安い費用で処分することが可能なのです。

業者によって費用は変わりますが、2トントラック1台分であれば40,000~60,000円ほどで処分をおこなってくれるそうです。木製タンスやスチール棚などの大型家具は、自分でゴミ処理場まで持っていくのが一苦労、大きさによっては数千円の処分費用がかかってしまいます。プロに依頼する方が、トータルで見るとかえって安くつく場合もあるのです。

引っ越しをする際に引っ越し業者に依頼する

解体工事期間中はそこに住み続けることができません。別の住居に移動する際、ぜひ引っ越し業者にお願いする場合は引っ越し買取を依頼してみてください。回収に費用が発生するものの、転居ギリギリまで不要になる家具や家電を使用できることは大きなメリットです。

引っ越しと買取の見積もりが一度で完結する点も見逃せません。不要なものを売った分だけ、引っ越し金額が安くなるのです。従来の引っ越しよりも楽でお得な新しい引っ越しサービスであると言えます。

3. 少しでも安く家財を処分するには

家を解体する際の家具の処分方法は様々です。その中で、少しでも安く家財を処分するにはどのような方法が良いのでしょうか。処分にかかる相場と合わせて解説していきます。

3.1. 一般的には家具は自分で処分したほうが安く済むことが多い

まずは家具の状態や種類をふまえた上で、業者に引き取ってもらうべきか、自分で処分するべきかを考えてください。家具の状態や種類をふまえてどちらの手段が適しているかを1つずつ選別することが必要です。自分で処理した方が費用の負担を軽くできるかもしれない可能性を見逃してはなりません。

処分したいものがまだ使えるか使えないかを判断したうえで、再利用または買取が可能であるものは一銭でも多くお金に変えましょう。リサイクルショップに依頼したり、ネットオークションやフリマアプリに出品したり。または引っ越し時にまとめて買取をお願いする形をとることもできます。状態のよいブランドの家具などは高額で売却できる可能性が高いです。

逆に、故障していたり大きなキズや汚れがあるもの、または購入してから10年以上が経過しているものは、再利用が難しくなります。その場合は、有料になりますが粗大ゴミとして廃棄するか、解体・引っ越し・リサイクルなどの業者に引き取ってもらうべきでしょう。

解体業者の相場

  • 2トン車1台:40,000~60,000円
  • 4トン車1台:70,000~90,000円

自治体の不用品回収

  • ベッド:1,200~2,800円
  • タンス:400~2,000円
  • ソファー:800~2,000円
  • テーブル:800~2,000円
  • 机:1,200円
  • 食器棚:400円~2,000円

リサイクル

  • ベッド:5,000円~8,000円
  • ソファー:2,000円~10,000円
  • タンス:3,000円~12,000円
  • テーブル:2,000円~8,000円
  • 椅子:500円~1,000円

 

不用品回収業者

  • ベッド:3,000円~6,000円
  • マットレス:2,000円~5,000円
  • ソファ:2,000円~5,000円
  • テーブル:2,000円~5,000円
  • タンス:3,000円~8,000円 

                    

引越し業者

引越しと不用品回収を同時に頼めます。引越しとセットで依頼すると不用品回収料金が無料や割引になるサービスを行っている業者もあります。ただし料金の相場は、個別料金は比較的高めで1個当たり5,000円前後が相場です。

以上を比較すると、状態が良くなかったり年期が入っている不用品は、粗大ごみとして自治体に引き取ってもらうことが1番費用を抑えられるといえます。しかし、指定された日時に家具を指定の収集場に置いてお火なければなりませんので、家具を運ぶのには人手と体力が必要です。運び出すのが難しい木製の大きな家具などは業者に依頼したほうが得になる場合もあります。業者探しには、「ヌリカエ」がおすすめです。


4. リサイクル家電の処分方法

環境保護の観点から作られた法律、家電リサイクル法が2001年より施行されました。これから掲げる特定の家電を処分する際には、この家電リサイクル法が関係してきます。

家電リサイクル法とは、環境汚染を防ぎそして資源削減のためにリサイクルが必要とされる時代であるなか、使った人・販売した人・作った人が協力し合ってリサイクルしていきやすい環境を作るための法律です。

以前は、一般の家庭から発生する不要な電化製品を埋め立てて処分していました。しかしその全てを地中に埋めていてはいつか限界が来ます。実際に、日本国内における一般家庭から出る不要な電化製品の量は非常に多いため、環境を守るためにも、また資源の無駄遣いをしないためにもこの法律ができました。

4.1. 家電リサイクル法でリサイクルできる家電

現在、家電リサイクル法の対象となる家電は以下の4種類です。 

  • 洗濯機、衣服乾燥機
  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • エアコン
  • テレビ

リサイクルに出す際は、洗濯機や乾燥機、冷蔵庫や冷凍庫の場合、中身が片付いているかどうかを確認してください。冷蔵庫や冷凍庫には食品等の生ごみや瓶・缶などのゴミなどが、洗濯機や乾燥機には衣類が入ったままでは、資源リサイクル時の異物混入に繋がってしまう事があります。

4.2. リサイクルの方法

家電リサイクルは、法律のもとの適性な処理で安心でき、またリサイクル後の状況を確認できる特長を持っています。ではその方法を具体的に見ていきましょう。

購入した小売店または買替えする店舗に引き取ってもらう

通常は、対象の家電を購入した小売店または買替えするお店に連絡し、引き取りをお願いすることになります。小売店に引き渡した場合、小売店からリサイクル券(自分が引き渡した製品のリサイクル状況を閲覧できる管理票)が発券されます。回収時または店頭にてリサイクル券に必要事項を記入します。

小売店にて支払いをする場合と、郵便局でリサイクル券をご自分で発券し、窓口かATMにて振り込みをする場合があります。その後回収を待ちます。回収にはリサイクル料金とは別途収集・運搬料が必要です。また、指定された引き取り場所に直接持ち込む場合もあります。

自治体によっては処分を引き受けている場合もある

購入店が近くにない場合などは、住んでいる地域の自治体に引き受けてもらえることもあります。一度、問い合わせて確認をしてみてください。

引き取りの場合は事前に指定された日時に回収業者が取りに来ます。またそのほかに、指定取引場所に持ち込むといった方法もあります。いずれにせよ、家電リサイクル券を先に購入しておく必要があります。また自治体に引き取ってもらえた場合は、郵便局での手続きのみとなります。

リサイクルの方法は店舗や自治体によってそれぞれで、また処分品ごとに問い合わせ先が異なります。利用する前にはリサイクル方法をしっかりと確認しておくことをおすすめします。

処分料金相場    

  • エアコン:972円
  • テレビ15型以下:1,836円
  • テレビ16型以上:2,916円
  • 冷蔵庫170L以下:3,672円
  • 冷蔵庫171L以上:4,644円
  • 洗濯機:2,484円

これに別途運搬料が1つにつき500~3,000円程かかります。冷蔵庫や洗濯機などの大きくて重い家電は3,000~20,000円程も必要になる場合もあります。

5. 家財の処分は計画的に行おう

処分の方法はさておき、家具処分を行う場合は保管場所が無くなってしまう前に、早めに考えて行動することが大切です。家の解体が決定し次第、動き始めてもよいでしょう。なぜなら、自治体回収などは活動日や曜日が決まっていることもあるので、思う通りに進めていけないこともあるからです。

まずは、スケジュールと予算を組むところからはじめましょう。新居での新しい生活をより良いものにするためにも、後悔のない家具と家電の処分方法を考えてください。ポイントは、時間・費用・手間のどれを重きを置くかのバランスです。

5.1. 家の解体と家具の処分を相談するならヌリカエへ

複数の優良業者を紹介してくれるサイトの「ヌリカエを使うと、自身のご希望にぴったりの業者と出会えます。ヌリカエとは、東京都港区に本社を構えるSpeeeが、解体工事と太陽光発電システム、そしてエクステリアの3つのサービスという領域を新たに拡大した、その総称です。

厳しい加盟基準を通過した優良業者から、無料で一括見積を取得できます。何らかの理由で取りやめる場合も、キャンセル代行してくれるので、キャンセル料はかかりません

ヌリカエの特徴として、ユーザーに合わせたヒアリングをおこなうカスタマーサポート機能が挙げられます。そこで得た経験と、検索エンジンの最適化で培った集客ノウハウが強味です。専門のアドバイザーが電話にて真摯にサポートしてくれますので、ぜひ電話をしてみてください。利用料、電話代は一切無用です。