空き家の解体を検討しよう!優良業者の選び方~解体工事の内容と価格

【投稿日】

【更新日】

空き家を放置していませんか?現在、全国で増え続ける空き家のトラブルが多発しているため、空き家は社会問題にまでなっています。空き家を売却も居住もせずに放置することはデメリットしかありません。空き家を解体することを検討しましょう。



空き家を解体したほうが良い理由 

1.1. 犯罪を防ぐ事ができる

空き家を長い間放置していると、人の目がないため犯罪に使われる可能性が高まります。現に空き家の増えた町は、軒並み犯罪が増加して治安が悪化しているというデータさえあります。

管理が不十分な空き家で行われる犯罪としては、不法投棄の温床となることや、景観の悪化、不法占拠、放火などがあり、このような犯罪は、空き家を保持している方だけではなく、その空き家の近隣住民にとっても他人事では済まない問題になる恐れがあります。

このような犯罪に利用されるリスクも、空き家を解体することで防ぐことができます。

1.2. 手間がなくなる

空き家を保有し続けるというのは、建物や庭の管理を定期的に行う必要があるのでメンテナンスなどにかける手間が苦痛になってくるものです。

はじめのうちは、なんとか定期的に通ってメンテナンスをしていたとしても、それが長期に及ぶと足も遠のくようになります。忙しいからと放置してしまうと空き家の老朽化がどんどん進みます。さらに荒れ放題にしていた家や庭から害虫が発生する恐れもでてきます。

仮に放置していた家屋から発生した害虫が近隣住宅に移動した場合、近隣住宅にお住いの方々とトラブルになる可能性もあります。中には訴訟問題に発展したものもあります。こういったトラブルを未然に防ぐために空き家のメンテナンスをし続けるのは大変手間のかかることです。

しかし、空き家を解体するとでこのような手間から解放されますので、時間の節約にもなります。

1.3. 刑罰を受ける可能性

平成26年に「空家等対策特別措置法」が制定されました。これは、適切に管理されていない空き家を「特別空家」と指定して改善の勧告や命令ができるというものです。

「空き家」は、居住その他の使用がされていないことが常態な建築物のことを指し、具体的には1年間を通して人の出入りの有無や、水道・電気・ガスなどの使用状態から総合的にみて「空き家」かどうか判断されます。

「特別空家」に指定されると建物があっても固定資産税が現状の6倍かかかります。さらに、罰金刑や行政代執行などが行われる可能性もあります。

空き家でも家があれば税金が安くすんでいたのは昔の話です。現在は、放置されている空き家は、社会問題とまでなっていますので早急に対策をしましょう。


2. 空き家を解体する流れと期間

空家の解体工事にかかる費用や時間はどれくらいなのでしょうか?ここでは、解体を決意する前に最低でも知っておきたい項目を紹介していきます。

2.1. 工事にかかる時間

解体工事にかかる期間は約1~2週間といわれています。しかし、立地、付帯物等の条件、建物に使われている材料や大きさ、構造等によって解体工事にかかる期間は変わりますので、ある程度情報を把握するためにも現地調査などを依頼して期間を予測をしておきましょう。

しかし、いざ解体工事を依頼しようとしても業者を決めていないと直ぐに依頼はできません。解体金額などは、業者によってかなり違いがありますので、解体業者を決める時には、複数の会社、少なくても2社以上の会社に見積もりを出してもらって比較検討を行いましょう。このような業者を決めるための検討期間に1ヶ月くらいはかかると思ったほうが良さそうです。

さらにその後、見積もりに1~2週間ほど、書類準備と届出に1~2週間ほどかけてからの解体工事となりますので全体として約2ヶ月は、解体工事までにかかると見通しておきましょう。

2.2. 解体工事前の準備

届出

空き家の解体工事をする場合「建設リサイクル法」の事前申請など、役所への各種書類申請が必要となります。

これらは「委任状」という形で、解体を依頼する業者にお願いすることもできますが、書類の提出は、解体工事の7日前までに提出することが義務付けられており、未提出や届け出・手続きの不備などがあると罰則規定がありますので、しっかり業者に確認しましょう。

ライフラインの停止

解体工事の前に、電気・ガス・電話回線・インターネットや有線等の解約手続きが必要です。これらの手続きは、基本的には業者ではなく自分で行います。管轄の事務所や会社に電話をして「解体工事をするための手続きを教えてください。」と伝え、言われた指示にしたがって手続きをしましょう。

他にも電線や配管の撤去が必要な場合もあります。この場合、手続きをスムーズに行うためにも依頼する解体業者と相談してから解約手続きを行いましょう。仮に、解体業者がこれらの手続きを行う場合、同意書などが必要になりますので、自分で行った方が手間も費用もかかりません。

「水道」については、解体業者が工事中に散水のために使用することがありますので、停止をする前に解体業者に確認をしましょう。

廃棄物の処分

解体作業が行われる前に、家の中の電化製品や家財などの粗大ごみの処分を行いましょう。処分を業者に依頼することも可能ですが、不要物の種類によっては割高になることがあります。あらかじめ処分を行って、解体業者が処分するものの負担を減らすことで追加料金などの発生を防ぐ事ができます。

家電やパソコンなどは処分方法が違ってきますので、処分方法を確認してから処分を行ってください。

近隣への説明

解体工事で騒音や振動・埃等で近隣に迷惑をかけてしまいますので、ご近所への挨拶を行います。基本的に近隣挨拶に持っていく「挨拶状」と「粗品」は、解体業者が用意しますが、見積もりの時に「近隣挨拶用の粗品費用」が含まれているか確認しましょう。

解体工事の挨拶が無かったことや、業者の対応が悪いことでトラブルに発展することもあります。解体業者だけに近隣挨拶を任せるのではなく、できる限り一緒に挨拶に行く方が好印象です。丁寧な挨拶をすると工事中のクレームになりにくいということもあります。

2.3. 解体工事

解体工事の一連の流れは次の通りです。

1日目

  • 庭木や外構の撤去

ブロック塀や庭木、庭石の撤去なども事前に行い、解体作業の効率を上げるため重機の使用範囲を広げます。

  • 足場の設置

次に、足場の設置を行います。安全対策のための重要な設備ですので、しっかりと組み立てを行います。そのあと埃の飛散や騒音を防ぐためパネルシートで家を覆います。

  • 室内の家財道具の撤去

事前に家財道具が撤去されていない場合、本格的な解体作業前に室内にある家財道具の撤去を行います。

工事2日目

  • 屋根の撤去

重機を使って全てを全てを壊す「ミンチ解体」は禁止されているため、建設リサイクル法に添って分別作業を行います。基本的に、解体工事は上から順に壊していくため、屋根の撤去から行います。特に屋根瓦は分別が必要なので足場ができた後に手作業で降ろしていきます。

  • 内装の撤去

内装に使われているガラスや金属類の撤去も手作業で行います。壁材やお風呂やトイレなどの木製品以外の物も、事前に撤去し分別の手間を減らしていきます。

工事3~5日目

  • 重機解体・積み込み・搬出

人力で撤去できるものを取り除いた後は、重機による解体作業がはじまります。基本的な作業は、建物を重機で壊し、廃材をトラックに積み、その都度処分場に持ち込む作業の繰り返しです。粉塵が舞う作業なので散水をしながら行います。建物の構造が木造か鉄筋かによって違いがありますが、建物全体の撤去に3日ほどの期間がかかります。

  • 分別

処分場によって細かな分別が必要な場合もあるので、重機で壊しながら作業員が手作業で釘やタイルなどを分別することもあります。廃材を持ち込む処分場の処理能力で工事費用も変わりますので、利用する処分場も把握しておきましょう。

工事6日目

  • 建築基礎の撤去

建物を撤去した後に建物を支えていた基礎コンクリートが出てきます。これを重機などで崩しながら撤去していきます。基礎コンクリートが厚いほど日数がかかるので、布基礎とベタコンでは日数も価格も変わります。追加費用の原因にもなりますので見積もり時に事前に伝えておきましょう。

地中まで埋まっている大きな基礎を掘り起こすため解体作業の中で最も振動が発生する作業ですので、少しでも近隣に迷惑がかからないように作業を行う時間等の配慮が必要です。

  • 地中埋設物の撤去

基礎コンクリートを撤去した後に、浄化槽などの地中埋設物の撤去をします。コンクリート製なので基礎コンクリートと一緒に処分します。この時に水道管の撤去なども行います。一般的はメーターまでですが、水道管をどこまで撤去するのか水道局に確認が必要です。

工事7日目

  • 整地

解体工事をしたままだと地面がデコボコしているので、重機で地面を平らにする作業を行います。

  • 盛土・残土処分

土地によって道路よりも土地が高かったり低かったりするので、それを合わせるために調整のため土を補充したり、余分な土を処分したりする作業を行います。

  • 掃除

全作業が終わったら、全面や近隣の清掃を行って工事が完了となります。

工事完了後1~7日

  • 現地の確認

整地がされていない場所や撤去物が残っていないか確認し、きちんと作業されていない場所は、解体業者に伝えて対処してもらいます。特に問題が無ければ工事の完了となります。

2.4. 解体後の登録

解体工事終了後、滅失登記の申請を行います。申請に必要な書類の「取壊証明書」「解体業者の印鑑証明」「解体業者の登記簿謄本」を解体業者から取得します。

3. 空き家の処分にかかる費用と補助金

空家を処分する際に発生する費用相場を知っておきましょう。

3.1. 空き家処分にかかる費用

空き家の解体費用は、空き家周辺の道路の幅や敷地面積、隣接する建物との距離などの立地条件や、木造か鉄骨造りかRC造りかといった構造など違い、重機を使った解体か、それとも手壊し中心での解体かといった解体方法などの条件で大きく変化します。他にも浄化槽やカーポートなどの撤去など付帯工事の有無や、廃棄物の種類や量によっても金額は大きく変わります。

さらに解体費用以外にも、解体工事の時にでる埃の飛散や騒音などの防ぐためにパネルシートなどを使って対処した時の費用や、廃材や家具、家電の廃棄物処理費などを別に請求されるケースもあります。

空き家の解体作業にかかる費用は、全国的に統一された相場というものはありません。地域や解体業社によっても費用に差があるので、見積もり書をしっかりと確認しましょう。初めに見積もりを出してもらった時は格安だと思ったのに、後で追加料金が発生したために高額になってしまったというケースもありますので注意が必要です。

3.2. 費用の目安

大まかな目安としては、木造住宅で1坪25,000~40,000万円程度、鉄骨造りで1坪30,000~50,000円程度、RC造りで1坪35,000~60,000円程度が相場と言われています。さらに浄水層が設置されている空き家の場合、浄水層1個当たり50~80万円ほどかかったケースもあります。

3.3. 補助金制度を利用できる可能性がある

空き家の解体にかかる費用は高額なため、解体を行いたくても費用的に難しい場合もあるかもしれません。しかし最近は、この放置された空き家が社会問題にもなっているため、条件さえ満たせば空き家の解体費用を助成してくれる補助金制度を利用できる可能性もあります。

補助金制度の有無や内容は、各自治体によって違います。空き家の補助金制度の有無や内容は、お住いの地域の役所に行って直接聞いてみるのが早いです。また、解体費用の貸付を行っている金融機関もありますので、利用できるものがあるかどうかの相談もしてみましょう。


4. 空き家の解体費用を節約するコツ

空き家を解体する際に、知らないと損する節約術があります。ここではあまり知られていない裏技を紹介していきます。

4.1. 直接解体業者に依頼する

大きな会社の方がいいのではないかと空き家を解体する時に住宅施工会社などに依頼すると、住宅会社は、協力会社にその解体工事を依頼します。するとその協力会社から解体業者へ解体工事の依頼がされます。このようにそれぞれが数珠つなぎのようにつながり、その際、それぞれの会社に対して手数料が発生していきます。これを中間マージンというのですが、この中間マージンは、直接解体業者に依頼するだけで節約が可能です。

4.2. 廃棄物をできるだけ自分で処分する

使わなくなった家財道具や生活ごみなどの廃棄物の処理費用は、自分で処理が面倒だからと解体業者に頼んでしまうと高額になる事が多い費用です。粗大ごみとして処分できるものは、粗大ごみの日に捨てたり、リサイクルショップへ持ち込んだりクリーンセンターに引き取ってもらうなどして、なるべく自分で処分することで費用を抑えることができます。

4.3. 依頼する時期を検討する

解体業者にも閑散期と繁忙期があります。解体業者の繁忙期は、一般的に12月~3月です。この時期は、費用を高めに設定していることが多いです。4月になると閑散期になりますので、解体工事を依頼するなら相場より安く見積もりがでる可能性があります。

しかし解体作業は、人が作業するものなので、梅雨や台風、猛暑、降雪などの季節は、高くなったり工事が遅れる場合があるので、4月以降であっても、このような時期は避けたほうが良さそうです。

4.4. 一括見積で条件の良い解体行社を探す

このように空き家の解体工事の費用は、地域や依頼する解体業者によって金額が大きく変わるもですから、解体工事を依頼するなら複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。

複数社の見積もりを依頼することで解体にかかるおおよその費用の金額が分かりますし、見積もりを見ることでその業者の誠実性もわかります。大まかな金額だけで細かな金額の見積もり出さない業者は、工事完了後に追加料金を請求する可能性が高いので避けた方が無難です。

しかし、数社に見積もりを依頼するのは非常に大変ですので、簡単に一括見積を行いたいなら「ナコウド」へ相談してみましょう。


5. 信頼できる業者を選んで空家の解体をスムーズに進めよう

空き家の解体工事を依頼するなら、信頼できる解体業者を選びましょう。信頼できる解体業者かどうかは、複数の業者から見積もりを取ることで検討できます。

空き家の解体工事は、埃の飛散や騒音など、どんなに対策をしても近隣に住む方々に迷惑をかけてしまう工事ですから、価格の安さだけで業者選びをすると、近隣の方々への配慮も足りずさらに迷惑をかけてしまう結果になるかしれません。

空き家の解体工事をスムーズに行うためにも信頼できる業者を選びましょう。

5.1. 優良な解体業者を探すならナコウドの一括見積もり

優良な解体業者を選ぶために、複数の業者から見積もりをとりましょう。しかし、複数の業者に何度も連絡をするのは大変ですので、先ずは、一括見積ができる「ナコウド」へ相談しましょう。



関連する記事